☆楽(楽しい事)
【サーバーにアップロードしたファイルの同期、4つの方法】

1.LANを使った場合その1
私のパソコンからLANを通して麗ちゃんのパソコンのCドライブ内の或るフォルダに入り、データ更新を行い、サーバーにアップロードする。くだんのデータは、麗ちゃんのパソコン内にのみ保存される。もちろん、サーバーにも保存されるので、同一ファイルは2個存在する。ふたりのパソコン内でデータは同期していない。ただし、この作業を完成させた後で、私がサーバーからくだんのデータファイルをダウンロードすれば、同期は成立する。

2.LANを使った場合その2
私のパソコンでデータ更新を行ってそのままサーバーにアップロードする。その後で、LANを通して、麗ちゃんのパソコンの或るフォルダにコピーする。この時点で、私と麗ちゃんでデータの同期が成立する。なお同一ファイルは、私と麗ちゃんのパソコン内とサーバーで、3個存在する。

3.LANを使わない場合その1
私のパソコンでデータ更新を行いそのままサーバーにアップロードする。その後で、USBメモリや携帯ハードディスクにくだんのデータファイルをコピーする。それを、麗ちゃんのパソコンに繋ぎ、然るべきフォルダにコピーする。ここで、私のパソコンと麗ちゃんのパソコンでデータの同期が成立する。これで、同一ファイルは、サーバーも含めて4個存在する。

4.LANを使わない場合その2
私のパソコンでデータ更新を行いそのままサーバーにアップロードする。その後で、麗ちゃんが、自分のパソコンで、サーバーからくだんのデータファイルをダウンロードする。この時点で、ふたりのパソコン内のデータの同期が成立する。これで、データファイルは、3個存在する。

以上、あるデータ更新を行った場合の、サーバーへのアップロードと、私と麗ちゃんのパソコンで同期を成立させ、くだんのデータファイルをバックアップも含めて複数存在させる方法が、4つのパターンあることが分かります。

さて、それぞれの方法のメリット、デメリットはどういうことになりますか?
もう一度、よく考えて、適切な方法を取りましょう。

3月21日(月)

JUGEMテーマ:日常

☆楽(楽しかった事)
【終わり良ければ全て良し】

何が原因なのかまだ定かではないのですが、LANが崩れました。
私のメインパソコンのCドライブと麗ちゃんのパソコンのCドライブ、朝、ペンションのホームページのトップ、空き室情報、blog情報の各ページを更新するときは、全く問題なく動作していたのです。

ところが、その後、麗ちゃんのパソコンの内蔵ハードディスク・Cドライブの空き容量を確保するために、dataフォルダとファイルを削除したのですが、それからLANの調子がおかしくなりました。(T_T)

とは言うものの、フォルダとファイルの削除が、真の原因かどうか分かりません。それに付随した作業が原因のような気もしています。

寝不足もあって、この時点で頭が重く、真っ白になりました(T_T)。

お昼ご飯もそこそこに、あれこれ試みたのですが、復旧してくれません。

余計にどつぼにはまるような不安が湧いてきます。

で、原点に戻って、今回の一連の作業の目的は、麗ちゃんのパソコンのCドライブの空き容量を増やすことだったので、とにかくそれは譲らずというコンセプトで対応することに。

それと、ペンションのホームページ、トップと空き室情報とblog情報の各ページの更新を、麗ちゃんに頼まずに私自身がやれることを最優先し、その際、LANにはこだわらないことにしました。

幸い、サーバーからダウンロードしなくても、ホームページ用のフォルダとファイルのバックアップはとってあったので、私のメインンパソコンでの作業によって、上記の各ページの更新は問題なくできるように復旧させました。

で、LANについては、慌てず、ゆっくり、管理者権限といった事なども勉強しながら、復旧できればいいなという程度に思うことにしました。

と言うのも、麗ちゃんのパソコンとデータのやりとりをすることは、最近ほとんど無くなっているので、今後もしそういう時があったとしても、小型軽量ハードディスクやUSBメモリを介してやればいいと思いました。

それに、そのアナログチックな方法も不便なだけではなく、データのバックアップという点からみると、同じファイルが三つの記憶メディアに保存してあることになり、まさかの時には、救いになるわけで、現状のわが家の活用状況から言うと、LAN必須ということでもないなと思えるようになったのです。
もちろん、作業はLANでやっても、バックアップは別作業で行い、複数のバックアップをもつことはできますが、それでは、わざわざLANで仕事している意味もなくなるとも言えるわけですからね。

という次第で、災い転じて福となすという気分で、今は得心がいっております。




3月22日(火)
☆喜(嬉しかった事)
【LANの再構築をしました!】

昨日の朝まで繋がっていた有線LANが、原因は特定できないのですが、とにかく壊れました(T_T)。

次から次へと浮かぶ可能性を逐一チェックしてみても、回復せず。
そこで、とにかく私のパソコンからペンションのホームページの更新が可能なシステムを構築することにしました。取り敢えずLANを使ってのデータファイルのサーバーへのアップロードおよび麗ちゃんのパソコンとのファイルのやりとりは断念したわけです。
そう決断してしまえば、昨日もお話したように、アナログチックな方法も悪くはないと。
ここまでが、昨日のお話でした。

で、今日なのですが、そうは言っても、あれこれと対策が思いついてしまいます。すると、有効かどうか確認したくなりますよね。
というわけで、お昼過ぎまで、これはどうだ、あれはどうだとトライしていました。

と、そのうちに、ローカルネットワークというシステムの仕組みが分かってきはじめました。
私が、これまで構築していたLANのファイル共有システムだけが、唯一の方法ではないと気付いたのです。

LANは、言わば上部構造と下部構造の2層からなるシステムで、まず下部層に両方のパソコンを認識させる決定的なシステムの構築が必要ですが、その上に、ファイルを共有させるシステムの構築の仕方は、幾通りかあるという事のようです。

で、壊れたシステムの原因を究明して復旧させることに拘らなくてもいいのではないかと。

すると、それまで重要視していなかったWindowsに始めから設置されているPublicというフォルダに注目しました。
そこに、くだんのフォルダとデータファイルをコピーしたらどうかと。そして、それをusersの下位に置いたらと。

大正解でした\(^O^)/
結局、¥¥REIKO-PC¥Users¥Public¥new-meruhen¥index.html
という形で、私のパソコンから麗ちゃんのパソコンを読み込むことが出来ました(*^_^*)。

これで、昨日の朝までとは異なった形ではありますが、LANの復活です!
ただ、昨日気付いた点も一理あるので、どちらの方法でホームページ更新を行うか、検討中です。でも、今回のトラブルは、とっても勉強になりました\(^O^)/

メインパソコンのCドライブの空き容量が少なくなり、その対策として、想定外に多かったCドライブ内のデータファイルを削除することで、メインパソコンを延命させる方法を、サブマシンにも応用しようとしましたが、こちらのデータファイルは大したサイズではなく、外部の記憶媒体を接続してデータファイルを待避させても、期待したWin10へのアップグレードも叶いません。

ゴミ箱の処理、temp内のファイル削除、一時ファイルの削除、復元ポイントの削除、もちろん不要なアプリの削除などなど行ったのですが、それなりに増量したものの、なお空き容量不足は解決しません。

実は、Dドライブは400GBほど空き容量があるのですが、そこにWin7をインストールすればと思ったものの、リカバリディスクは見当たらず。

こうなったら、一か八かで、今、ドライブの圧縮作業に入っています。
この圧縮は、パフォーマンスが落ちたり、場合によってはシステムにも悪影響をもたらしかねないとの声を聞きますが、この際、そんな事は言っていられません。

元々、このサブマシンには速度が求められるような本格的な作業はさせていないので−−−ネットに繋がり、電話帳として使っているデータベースソフトが起動すればいいだけなので、コスパは気になりません。
という次第で、とにかく、Win10のアップグレードができるほどに空き容量が増してくれればいいのですが。
果たしてどんな結末が待ち受けているのでしょうか?

【後日談】
結局、圧縮しても、必要なサイズにまで回復しませんでした。
もともと、Cドライブの容量が小さすぎるマシンです。これは、メーカーのコンセプトの間違いでしょうね。
で、諦めました。(T_T)
幸い、ノートパソコンが同じLenovoであり、それは、しっかりCドライブ適切な容量なので、マシンを動かすには余裕です(*^_^*)。

 

☆哀(残念だった事)
【アプリケーションソフトの限界】

パソコンのCドライブの空き容量のピンチ救出大作戦、麗ちゃんのデスクトップパソコンも実行することにしました。
まだ190GBほどの残量があるので、緊急ではないのですが、PhotoShopなどの重いソフトを使うと、フリーズすることがあるそうなので、ワークエリアを広げてみようと。

麗ちゃんのCドライブ内のDATAフォルダにあるデータファイルは110GBほどなので、新しいHDへのコピー、私の半分の時間で無事終わりました。

それはいいのですが、困った事が発生しました。
ホームページを更新する際、私のPCから麗ちゃんのPCにアクセスして、ファイルをいじるわけですが、LANで繋がるのは、Cドライブのある本体のPC同士のようです。
つまり、Cドライブからファイルをコピーした新しいHDへはアクセスできないのです。
これは、DreamweaverCS4だけの問題ではなく、FTPソフトにおいても、やはりOSとプログラムソフトがインストールされてあるCドライブ同士でのみ連携が可能という事で、どちらもネットワーク対応のアプリなのですが、そこが限界のようです。

なので、幾つか運営している複数のホームページ更新のために必要なファイルが入っているフォルダ、具体的には、homepage dataというフォルダだけは、Cドライブに残しておくことにしました。
そのフォルダのファイル容量は、1.5GB程度なので、それを残しても、Cドライブの減量は109.5GBにも達するので、麗ちゃんのPCのCドライブの空き容量は300GBほどになります。
まあこれだけワークエリアが広ければ、大概のソフトはサクサク動いてくれるでしょう。

JUGEMテーマ:日常


Selected Entry

ペンションメルヘン

八ヶ岳 B&B・ペットOK ペンションメルヘン

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM