甲斐駒
甲斐駒ヶ岳


☆喜(嬉しかった事)
今日の午後、以前からお会いしたいと願っていた方がわが家にいらしてくださったこと。
*車だと10分ほどの短い距離なのですが、車のない私たち兄妹には、近くて遠い友−−本来の語法とは違うと思いますが−−でした。ペンション営業がシーズンオフに入った今こそと、お誘いしわが家においで頂きました。FBなどで毎日やりとりをしているので、初めてという感じではなく、すぐにうち解けて歓談できました。3時間あまり、あっという間に過ぎました。楽しく嬉しい秋の午後となりました。



★怒(腹が立った事)
有機肥料で、偽装があったこと。
*秋田県秋田市の太平物産が製造した有機肥料で原料が偽装されていた問題で、6日、太平物産の幹部が取材に応じ、少なくとも3年前から偽装を認識していたことを明らかにした。(NNNニュース)
有機肥料であろうとなかろうと、肥料の偽装はあってはならないことだが、とりわけ、有機農法に拘る農民達は、食の安全安心に気を配るわけで、そういう良心的な人たちを欺していた罪は大きいと思う。



★哀(哀しかった事)
あかちゃんを捨てた24際の母親が逮捕され、母と祖母の3人暮らしで、出産を誰にも相談できなかったと供述していること。
*昨日の捨てられたあかちゃん。体温が24度まで下がったものの適切な医療のお陰で命に別状はないとの事で、それはひとまず安堵なのですが、母親には何か事情があったようですし、でも、一生十字架を背負って生きることを余儀なくされるでしょうし、なんともやり切れない思いを、出生に訳ありの私には、不憫な親子に思えることです。



☆楽(楽しかった事)
今日も、夕食時は、爆笑の嵐。昨日に続き、ネタは私。
*私、実は、中3の時に、当時流行っていたジャズ喫茶でオーデションを受け、合格し、バンドの人は次のステージから出そうかと。でもオーナーのママが中学生では出すわけにいかないと、高校生になって両親の承諾を得たらいらっしゃいと。でも、ロック界最年少デビューは幻になったのですが、その話をするたびに、かあちゃんが、全く信用せず、「こんな音痴を合格させるなんてことあるはずがない。ああ信じない、信じない」と罵倒するのです。
で、今日は、麗ちゃんがペンションで使う物を水彩画で描いたのを見て、「かあちゃん、おいら、小学生の時に全校代表で都の写生大会に出場し、佳作になったんだよ」と自慢したら、爆笑し、「おまえが代表で出るわけないじゃないか。佳作なんて取れるはずがないよ」と即座に罵倒し、全く信じてくれません。「でも、本当なんだから」と言っても、腹を抱えてアッハッハと笑い、取り合ってくれません。
まあ、それもムリはなく、想像画だと、山に湖を描くとき、水がこぼれてしまうような構図で描いたのは事実ですから(^0^;)。
今日も三人で、お腹が痛くなるほど、笑いこけた夕食時となりました。

JUGEMテーマ:日常

朝焼けの富士山
朝焼けの富士山


☆喜(嬉しかった事)
太陽と水と緑に恵まれたというのが八ヶ岳南麓わが大泉町のキャッチフレーズだが、今日は最高の秋晴れで、正にその恵みのありがたさを実感したこと。
*この時期になると八ヶ岳おろしという風が吹く日もあるのですが、今日は全くの無風だったので、日向にいると、ポカポカしていて居眠りに誘われるほど。空気も澄んでいて美味しいし、緑はこの時期は紅葉に色を変えていますが、その葉の色の美しいこと。


★怒(腹が立った事)
もんじゅが、今まで実に1兆円以上の税金が投入されており、杜撰な運営が既得権益勢力によって継続され続けていること。
*もんじゅのトラブルは絶えず、2008年にはナトリウム検出器の誤作動が続発。運転再開した10年には炉内中継装置が落下し、再び停止した。そして、12年に機器の大量点検漏れが発覚して以降も管理ミスが相次いだ。(福井新聞)。もんじゅも、少なくとも今の日本人の手に余るのは明白である以上、これ以上の無駄遣いはやめるべきだと思う。
 
JUGEMテーマ:日常
★哀(哀しかった事)
16歳でデビューし、28歳で引退し、多発性硬化症のため42歳で逝去した天才チェリストジャクリーヌ・デュ・プレのまだ若い頃、夫ダニエル・バレンボイムとのリハーサル動画を見て、改めて、その天才への賞賛と夭折への哀しみに包まれた。
*私にとっては衝撃的な動画でした。まだ少女のような純真さをもつ一方で自由奔放な面が際立ち、実に女性としても魅力的なひとだったのだと。


☆楽(楽しかった事)
今日も一日何度となく、家族で笑い声が響き渡ったこと。
*それも、笑いのもとは、私。私が、バッハの無伴走チェロ組曲の一節を歌うのだが、それが何故か堂々めぐりで、一向に展開せず、終了せず、エンドレス状態になってしまう(^0^;)。
麗ちゃんは、「メロディがないもん」と言う。かあちゃんは、「おー嫌だ。こんな調子ぱずれな人っているのかな」とこきおろす。それでも、止めずに、歌って終わりを探す。かあちゃんが追い打ちをかける。「そんな下手な歌をうたわないでよ。ご飯がまずくなるよ」と。
と、麗ちゃんいわく「おばば、歌だなんて、褒めちゃダメだってば〜」。
なんとけなされようと、私は、心地よい気分で、エンドレスメロディを口ずさむのであった。


Selected Entry

ペンションメルヘン

八ヶ岳 B&B・ペットOK ペンションメルヘン

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM