【新型コロナウイルス】
安倍首相による唐突な場当たり的な発表後、初めての週末。
ディズニーランドや動物園など大勢の人が集まる場所の自粛が相次いでいます。

法的しばりはないものの、国のお達しははやり大きな影響力をもちますね。ならばこそ、熟慮と配慮、事前の対策が求められるところですが、それはそれとして、この1,2週間が感染爆発を起こさないために極めて重要な事は確か。
拡大感染をぜひとも防ぎたいものです。

とにかく「第二の武漢」になったら、休校がもたらす悪影響・損失どころの話ではなくなるのですから。

ここは、念には念を入れて、できることは全て実行するという対処で乗り切りたいところだと思います。

さて、戦争は絶対反対だという立場から時と場合によっては戦争もやむを得ないと、戦争容認へと傾斜していく観念に、「アメリカとの友好関係を絶対に維持すべきだ。そのためには、アメリカにできるだけ協力しなければならない」というものがあります。
 この観念も、ほとんどの日本人を捉えているもので、その際、アメリカへの協力とは、アメリカの要求を受け入れることと同義になっているのが特徴でしょう。言わば「力による抑止策」に全面的に依存してアメリカの軍事行動を積極的に支援する道を歩むというわけです。
 そこでは、日本国憲法が志向しているアジアの平和、世界平和のために、武力に頼らない非戦の位相での営みを通して、アメリカに協力する道を追求することなど、全く考慮の外です。また、現実主義の立場にたつとするならば、ベトナム戦争をはじめ、アメリカは度々先制攻撃をしかけて軍事紛争を引き起こす、かなり好戦的な国である、という事実を直視する必要があるはずですが、それも全く欠落しています。そうした日本独自の理念の志向や、アメリカの戦略に無批判的に追随する危険性の検証などに意識を向けることなく、むしろそうした在り方を日本の我が儘であり無責任であると自ら受けとめ、アメリカの要求を受け入れて、日本と日本人もなにがしかの犠牲を払うべきであるという観念が、年々顕著になってきています。
 尤も、12年前当時は、まだアメリカとの同盟関係の維持のために、こんにち出てきているガイドラインのような事実上の参戦行動まで日本が取るべきだとする観念は一般的ではありませんでしたが、これも状況の推移次第では、そこまで踏み込む議論が起き、親米的な国民の多くが、友好関係の維持を求める立場からアメリカの要求を最大限に受け入れることを容認するに至るであろうと、わたくしには容易に察せられた事でした。
 


Selected Entry

ペンションメルヘン

八ヶ岳 B&B・ペットOK ペンションメルヘン

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM