愛猫ちゅじゅ

☆喜(嬉しかった事)
これは、嬉しいという感情以上に、感動を受けたのですが、新大久保のヘイトスピーチデモに遭遇した日本の女子高生が泣いたというFBの記事。
(「同じ人間なのに、<殺せ>と叫ばれる朝鮮の人が可哀相で、申し訳ない」という気持ちで泣いたそうです。被害者の気持ちを思いやって涙する女子高生の存在は、日本の将来を憂え、日本が他国民から尊敬される国になることを願う者として、一条の光を見る思いです)。


★怒(腹が立った事)
いわゆる「愛国」を自称する人たちの常軌を逸した言動が、寧ろ日本の国際的名誉と信頼を損なっていること。
(実は、私も、率直に言って、今の中国や北朝鮮の在り方には大変な危惧を持っているし、好きか嫌いかと問われれば、大嫌いです。中国人旅行者の実態にはまゆをひそめることもあります。が、嫌いだというだけでなく、憎しみに駆られ、「殺せ」などという殺意を抱き集団で叫び歩くなどは、ほんらい穏和で親切な日本人の美徳を汚し、明らかに一線を越えていると思うのです。平和を望むのであれば、嫌いな国とも、共生していかなければならないと思っています)。


★哀(哀しかった事)
民主党の長妻議員が「党内には共産党と共闘しようという人は一人もいない」と発言したこと。
(これは、哀しみより、失望という思いが強いです。私は、長妻氏を、民主党の良識を証す数少ないひとりとして評価し期待していたので、彼から「共産党アレルギー」に感染したかのような言葉を聞きたくはありませんでした。共産党から民主党が浴びせられた激しいバッシング以上に、小澤一郎個人が浴びせられた過剰にして過ったバッシングを受けた当の小澤氏が、共産党の呼びかけを高く評価し、受け入れたように、寛大なこころを証してほしかったと思います。
共産党を拒否することは、戦争への加担の流れに乗るも同じだという事がどうして察し得ないのか、残念でたまりません)。


☆楽(楽しかった事)
楽しいというのとは少し違いますが、愛猫ちゅじゅと保護猫のらりんの関係がまた一歩近くなったこと。
(先住猫のちゅじゅがビビリやのくせに、なぜかのらりんには好意的ですぐ近寄って行くのに、のらりんが全く無視するというか、そこに存在していないかのごとく振る舞っていたのですが、今日は、ちゅじゅが近づこうとしたら、なんとのらりんも近づいていきました。で、お互いに鼻を付けあってクンクンして離れ、横に並んで、私に催促です。その光景に癒されました。これからの2ニャンとの時間がよりいっそう楽しくなるものと期待できます)。

JUGEMテーマ:日常

Comment





   

Selected Entry

ペンションメルヘン

八ヶ岳 B&B・ペットOK ペンションメルヘン

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM