政局、激動してますね。
小池の「希望の党」旗揚げにより、民進党が事実上壊滅しました。
が、小池氏が示した「踏み絵」によって、希望の党へ入れない人が出て来たこともあって、枝野氏が「立憲民主党」を立ち上げることにしたようです。

これで、民進党の中のイデオロギー対立が解消して、スッキリしたと言えるのではないでしょうか。

元々、民進党は、旧社会党系の人から、日本会議系の人までと、憲法や安保法制や秘密保護法や共謀罪といった重要かつ重大な政策でも対立するほど、ゆるやかと言うより、志を同じくする人たちの政治組織とは言えないような整合性の無さが、ブレまくりの政党の感を呈していたわけなので、私は、今回の小池騒動の結果、有権者にも分かりやすい政党分布になったのではないかと思います。

平和憲法を尊び、民主主義に立脚し、リベラルな体制を志向する多くの国民(実は、この観念を持つ国民が、多数派なのだが)にとって、選択しやすくなったと言えます。

ぜひ、このところ、現実的な柔軟路線を歩んでいる共産党とも協力して、戦争ファッショ勢力と対峙する平和・民主・リベラル、そこへ反原発も加えた政治勢力が、政権の受け皿になるまで育ってほしいと切に願います。

JUGEMテーマ:社会の出来事

Comment





   

Selected Entry

ペンションメルヘン

八ヶ岳 B&B・ペットOK ペンションメルヘン

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM