季節の移り変わりは早いもので、もう10月に入ってしまいました。

夏の出来事を書かねばと思いつつ、なにかと多忙な9月でして、やっと日記を開くことが出来るようになりました。


さてさて、夏の総括ですが、わが家としては、実に十数年ぶりに、クレーマーの洗礼を受けました。

正直、築年数が30年にもなる建物ですから、廊下がところどころミシミシいったり、あちこち痛んで来ています。日頃の清掃だけでは取り切れない汚れも目につきます。その点は改めて、シーズンの前に、大掃除を今までにも増して念入りに行わねばと反省したところです。

が、率直に言わせていただければ、何事も、「費用対効果」というものがあります。1泊ルームチャージだけでも、2万3万とかかるホテルのようなクオリティを求められても、対応はできかねます。人を雇って労働してもらうにも、その人件費は生み出せません。トイレや浴室や洗面室など、共用部分は、そのお客様が利用する前に他の方々既に利用されていらっしゃいます。どこもかしこもいつ行ってもチェックイン前の状態をキープしたり、ふかふかの絨毯、ピカピカの壁など事実上不可能なので、潔癖なほどのクオリティを求める方には、正直、わが家は向いていないと思います。

 

それでも、少人数定員のわが家としては、客室に壁掛けハイビジョンテレビを設置したり、小型冷蔵庫を置いたり、簡易ながら椅子とテーブルを置いたり、ダイニングルームには、まさかの時に暑さ対策・避難部屋として大型エアコンを取りつけたり、階段には丈夫な手すりを設けたり、ロビーホールにも、外の冷気を館内に取り込めるように大きな窓に網戸をしつらえたり・・などなど、毎年、メンテナンスに力を注いで来ています。

そういう宿の側の配慮とサービス向上、その費用対効果を考慮せず、あら探しのような上から目線で批評家気分で見られたら、築20年を超えた宿は、それだけで、営業できなくなってしまいます。

あるメディアを通じてご宿泊くださったお客様は、「コストパフォーマンスは高い」と、メディア上で書き込み、ご評価くださいました。

そのお言葉に励まされて、毎年、少しずつ、宿としての基本的なクオリティを上げていくつもりです。

 

とは言うものの、今年のメルヘンの夏、願ったとおり、素敵な一期一会の出会い・ふれあいがたくさんありました。

実際には、本当に嬉しい事に、祖母とママと幼児(孫)という三代にわたっての常連さんとの毎年の再会も幾つかありましたし、もう数年以上、毎年のようにいらしてくださるお客様もおいでです。

 

「癒しとやすらぎの宿」、「洋風民宿型のペンション」というわが家のポリシーを皆様、大変良くご理解くださって、感謝感謝です。

 

またお会いしたいなというお客様が殆どです。ペンションを廃業しても、個人的に、友人としてお付き合いしたい、拙宅にお招きしたいと願うお客様、たくさんいてくださいます。

 

という次第で、2017年の夏、ペンション「メルヘン」は、今年も、生き甲斐を感じるペンション・ライフが過ごすことが出来ました。これに満足せず、クレーマーはともかく、ご愛顧くださっているお客様への感謝の心を忘れず、さらにクオリティを向上させるべく、と言っても、一度に何もかにもは出来ないので優先順位を考慮して、できる限りのメンテナンスを実行して参りたいと思っております。

 

そして、少しでも、利用環境の良い宿を担保させて、お客様の、貴重なご旅行に、良き想い出をお作り戴けるよう、頑張ります!

Comment





   

Selected Entry

ペンションメルヘン

八ヶ岳 B&B・ペットOK ペンションメルヘン

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM